banner

なぜ美白化粧品が出てきたのか

最近ではすっかり悪者扱いされている紫外線ですが、その存在が発見されたのは今から200年以上も前のことなのです。紫外線は太陽光線の中の可視光線の一種で、地表に届く光の中で最も波長の短いものです。この紫外線は、UV-C、UV-B、UV-Aの3つに分けられます。
紫外線には以下のような特徴があります。
・紫外線の強さは季節や時間帯により異なる
・一日の間では正午が一番強い
・一年の間では6〜8月が一番強い
・山頂など標高の高いとこで強い
・雪や砂で反射する
最近では紫外線は人体によくないものという認識が広まって、大人も子供も外出時には紫外線を防止する服やサングラスを着用する人が増えています。
紫外線の中で人体に有害なのは、UV-B、UV-Aの2つです。UV-Bはその一部が地表に到達する皮膚や目に有害なものであり、日焼けや皮膚がんの原因となるものです。UV-Aはオゾン層に吸収されて本来は地表にほとんど到達しませんが、最近ではオゾンホールから地表に届いているという事実が判明しています。大量の化石燃料の燃焼により二酸化炭素が増加してオゾン層が破壊されたことが原因であると言われています。
このように現代人は大量の紫外線を浴びる機会が増えたため、シミを予防し健康を保つために美白化粧品が登場してきたのです。

注目記事

banner
なぜ美白化粧品が出てきたのか

記事を見る

banner
シミの原因

記事を見る

banner
美白のためのケアとは

記事を見る

Copyright(c) 美白化粧品で美白効果を体感しよう. All Rights Reserved.